オイルシール

自動車のエンジンやギヤードモータなどに使用され、主に回転軸端部からの油漏れや、外部からのほこりの侵入を防止します。

オイルシールとは、オイル(油)をシール(封じる)するという意味です。機械製品に使用される潤滑油をはじめ、水、薬液、ガスなどが機械の“すきま”から漏れるのを防ぐと同時に、外部からほこりや土砂が侵入するのを防ぐ働きをしています。

自動車や航空機、船舶、鉄道車輛、建設機械、農業機械、石油化学プラント、家電製品など、さまざまな分野における機械の密封装置として欠かすことのできない製品なのです。

日本のオイルシールの歴史はNOKのオイルシールの歴史です。独自開発した「密封理論」に基づく安定した品質の製品を世界に送り出しています。

TECHNICAL NOTE 型式一覧

オイルシールの基本構造

オイルシールは金属環にシールリップを構成する合成ゴムを焼付け接着し、組み込んだ"ばね"により軸を適度にホールドすることで、運動している部分のシールを可能としています。

車のエンジン

●正常な取り付け状態にあるオイルシールは大気側からわずかな空気を吸い込んでおり、この吸い込み現象によって油が外に漏れません。
●押し行程と引き行程での油膜厚さの差が油漏れとなるので、この油膜厚さが最適となるように、オイルシールの接触圧力分布(最大接触圧力勾配)が決定されています。

PAGE TOP

型式一覧

当社が提供するもの以外のデータの正確性は保証いたしません。

NOK標準オイルシール/SC型・SB型

回転軸動作対応の油用。シール対象物が一方にあり、ダストがない場合のオイルシールです。

NOK標準オイルシール/TCK型

NOK標準オイルシール/KC型・KB型

NOK標準オイルシール/TCV型・TCN型

NOK標準オイルシール/TC型・TB型

回転軸動作対応の油用。シール対象物が一方にあり、軽微なダストがある場合のオイルシールです。

NOK標準オイルシール/VC型・VB型

NOK標準オイルシール/TCZ型

NOK標準オイルシール/TC4型・TB4型


NOK一般オイルシール


TCJ型

SA1J型

VAJ型・KA3J型

DC型・DB型

OC型

QLFY型

VR型

ZF型・ZT型

SBB型

大径SB型

大径TB型

MG型

WT型・WTT型

OKC3型

MO型

MOY型
   

TECHNICAL NOTE

catalog

* 内容については改良のため、予告なく変更することがありますのでご了承ください。
*本資料に掲載されている使用範囲、性能データおよび数値は選定の目安となるもので、実際の使用に際しては、未知の要素、状況による制約から一般的な仕様があてはまらないこともあります。
*各製品の使用にあたっては、適合性を確認した後ご使用ください。

*TECHNICAL NOTEをご覧頂くにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステム社のWebサイトから無料でダウンロードできます。

PAGETOP