水資源の保全 Conservation of Water Resources

社会的背景

現在、人口増加や途上国の発展に伴う水使用量の増加により、世界的な水資源の不足が問題視されております。また、激化する気候変動は、降水パターンや雨の強度、頻度を変化させ、旱魃地域の拡大や洪水被害の深刻化など水資源の不安定化を引き起こす恐れがあります。それら水リスクへ対応し、持続可能な社会を形成するため、企業における水資源の有効活用の重要性が日増しに高まってきています。

NOKの方針

NOKグループでは、製品の製造過程で使用する水量の把握・削減と排水のクリーン化を徹底することで水資源の保全に努めています。また、各国・各地域で異なる水リスクに対応するため、各地域の水リスクを評価し、その地域の特性に合わせた水資源の保全活動を推進しています。

3ヵ年目標(2020年度~2022年度)

グローバルにおける
水使用の現状把握と増加抑制

具体的な状況は最新のCSRレポートを参照ください。

ESGへの取り組み ESGへの取り組み
  • Environment

    環境報告

  • Social

    社会性情報

  • Governance

    ガバナンス