地球温暖化対策 Global Warming Countermeasures

社会的背景

近年、気温の上昇、旱魃、海水面の上昇など地球温暖化をはじめとする気候変動が世界中で進行し、将来にわたって人類の存続を脅かすことが懸念されています。2016年には国連で「パリ協定」が発効され、地球の気温上昇を産業革命前と比べて2℃未満に抑え、1.5℃未満にすることを目標に、CO2などの温室効果ガス削減活動や省エネルギーへの取り組みが活発化しています。企業においても、経営戦略として省エネルギー化やCO2排出量の削減など積極的な姿勢が必要となっています。

NOKの方針

NOKグループでは主な温室効果ガスであるCO2排出量の削減に取り組み、地球温暖化の防止に貢献していきます。製造部門では生産にかかるエネルギー削減のため省エネ設備を開発、物流部門では輸送機器の使用燃料を削減、全社的に再生可能エネルギーを導入するなど製品ライフサイクル全体でCO2排出量削減に努めています。

3ヵ年目標(2020年度~2022年度)

グローバルにおける
CO2総排出量 10%削減 (2018年対比)
CO2排出量原単位 1%以上/年削減 (前年度対比かつ過去5年平均)

具体的な状況は最新のCSRレポートを参照ください。

ESGへの取り組み ESGへの取り組み
  • Environment

    環境報告

  • Social

    社会性情報

  • Governance

    ガバナンス