ごあいさつ

得意分野に経営資源を集中し、強い部品メーカーに徹する。

 NOK株式会社は我が国初のオイルシールメーカーです。NOKの高度なシール技術から生み出される、オイルシール、メカニカルシールをはじめとする機能部品は、自動車業界にとどまらず、様々な領域で活躍しています。この分野では創業以来培ってきた技術力とノウハウで信頼度ナンバーワンの企業に発展しました。

 また我が国初のFPC(フレキシブルプリントサーキット)メーカーとして電子機器の小型・軽量化、高性能化に大きく寄与しております。そして、更なる安定的な発展を期して、2004年から新たな事業として主に複写機に使用されるロール事業に進出しました。

 私達NOKグループは、これら事業の基盤となるシール技術、FPC技術、ロール技術のより一層の向上を図り、より強く、より独自性に富んだ部品メーカーになることを目指していきます。更に営業から製造までコスト削減を徹底し、その上で品質向上のための自己研鑽を重ね、「技術に裏打ちされた独自性のある、かつ社会に有用な商品を世界中で安くつくり適正価格で売る」ことにより、高い収益力を持つ強い企業、言い換えますとお客様、株主、従業員、さらにはサプライヤー等すべてのステイクホルダー(利害関係者)の方々に誇りをもっていただける企業になることが、私達の夢です。

 また、次世代へこの自然環境を残すためにも環境保全管理を徹底し、良き企業市民として社会的責任を着実に果たしていきたい、と考えています。

 1939年、神戸で産声を上げた「町工場」は、大きく枝葉を茂らせ、独自性のある企業に育ちました。そして21世紀。「夢」を追いつづけるNOKの企業風土は脈々と息づいています。「偉大なる部品メーカー、偉大なる町工場」。21世紀の今こそ、これらの評価を誇りとして、更なる「夢追い経営」を実践していきたいと思います。

PAGETOP