省資源とリサイクル Resource Saving and Recycle

社会的背景

私たちは大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会システムのもと、たくさんのものに囲まれた便利で豊かな生活を送ってきました。その反面、地球上の限りある資源やエネルギーを大量消費するとともに、大量の廃棄物を産み出しており、天然資源の枯渇や環境破壊など様々な問題に直面しています。そこで大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会から循環型社会への転換が世界的に提唱されており、企業としても原材料の調達から廃棄までの製品ライフサイクル全体を視野に入れた資源の効率的な活用、3Rの更なる推進が求められております。

NOKの方針

NOKグループでは循環型社会を実現するため、3R(リユース、リデュース、リサイクル)活動を進めています。製品ライフサイクル全体を通して、原材料やエネルギーなどの資源を効率的に利用、各工程の改善によって発生する廃棄物の削減・再生資源化に取り組み、持続可能な社会への貢献と企業価値の向上に努めていきます。

3ヵ年目標(2020年度~2022年度)

リサイクル率 98.0%以上
※リサイクル率=(1-埋め立て処分量/総排出量)×100

具体的な状況は最新のCSRレポートを参照ください。

ESGへの取り組み ESGへの取り組み
  • Environment

    環境報告

  • Social

    社会性情報

  • Governance

    ガバナンス