品質保証制度

NOKグループは、高品質な製品とサービスをお客様へ供給できるよう努力を続けています。


  • NOKでは、お客様のご要望に合った製品を供給し続けていくため、ISO9001など、国際規格に則った品質マネジメントシステムの運用・改善を推進しています。 また、子会社に関する内部統制規定を見直し、これに基づいてNOKグループの品質保証活動を行っています。さらに2013年度からは品質担当役員による現地監査活動を拡大。国内外を問わず、品質マネジメントシステムに関する情報交換を密に行い、NOK製品のグローバルな品質レベル統一に努めています。

  • NOKグループでは、従業員が主体となって行う小グループでの品質改善活動として「QCサークル」(QC=Quality Control)活動を行っています。
    「QCサークルの原点に返り、より身近なテーマを改善する」というテーマを掲げ、NOK国内事業場、国内外グループ会社で活動発表会を開催し、例年国内外合わせて1,000以上のサークルが参加しています。各活動発表会にて選出された8サークルが、NOKグループのQCサークルの頂点を決める、NOKグループQCサークル大会に出場し、活動発表を行います。  
    NOKグループのQCサークル数は増加傾向にあり、国内外問わず多くの拠点、グループ会社、関連会社にて幅広くQCサークル活動が行われています。


  • NOKグループでは、品質改善活動の活性化を目的として、2008年度から品質表彰制度を導入しました。国内のNOKグループ全従業員を対象とし、半期に一度、推薦を募集。厳正な審査の上、活動を積極的に推進し優れた成果をあげた組織を表彰しています。また、改善事例を社内報でも紹介しています。2012年度からは品質改善活動のさらなる活性化を図るため、推薦ガイドラインの見直しを実施。従業員の品質意識が向上するよう、可能な限り身近な活動・組織単位での応募を促しています。品質向上・改善を推し進める職場環境づくりの一助として、当制度を活用しています。

PAGETOP