社会貢献 Social Contribution

社会貢献(2018年度の取り組み)

再生プラスチック製樹脂ブロック(中央分離帯ブロック)
茨城県リサイクル製品に認定

NOKのアイアンラバー交通安全用品(TSSD=Traffic Signs & Safety Devices)のひとつ、「再生プラスチック製樹脂ブロック(中央分離帯ブロック)」が、茨城県のリサイクル製品認定制度の規定により、平成31年3月にリサイクル製品として認定されました。 またこのブロックは、再生資源使用率98%以上と環境に優しい製品で、JIS認証※も受けています。 ※JIS認証:JQ0610001 SP(JIS A 9401:2007)
詳しくは「茨城県ホームページ」内、「茨城県リサイクル製品認定制度」をご覧ください。

http://www.pref.ibaraki.jp/seikatsukankyo/haitai/kikaku/recycle-nintei/index.html

茨城県リサイクル認定製品、再生プラスチック製樹脂ブロック(中央分離帯ブロック)

世界食料デーキャンペーン2018への協賛

世界には8億人以上の飢餓で苦しむ人々がいる一方、全世界で生産される食料の3分の1にあたる約13億トンが毎年廃棄されています。10月16日は世界食料デーとされており、国連WFPはそれに合わせ「Zero Hunger Challenge~食品ロス×飢餓ゼロ~」のキャンペーンを行いました。NOKはこのキャンペーンの趣旨に賛同し協賛いたしました。

公益信託経団連自然保護基金 自然保護活動支援への協賛

NOKグループは自動車をはじめ、機械や電子機器などに使用される製品の開発・生産・販売を行っており、これらに関わるエネルギーを消費する企業として環境保全に向けた活動を積極的に推進しています。公益信託経団連自然保護基金では、自然資源の管理や、環境教育、植林、希少動物の保護など多岐にわたり支援が行われており、NOKはその趣旨に賛同し、協賛いたしました。

日本赤十字社 活動支援資金協力

NOKは国内災害救護やボランティアの育成、社会福祉活動、国際活動など多岐にわたる人道支援活動を行う日本赤十字社に協賛しております。

キッズエンジニア2018への協賛

NOKは2016年より、公益社団法人自動車技術会が主催する、小学生向けの体験学習イベント「キッズエンジニア」の協賛を開始しました。このイベントは、子供たちに自動車を中心としたさまざまな分野の科学技術やものづくりに興味を持ってもらうことを狙いとしています。2018年度はパシフィコ横浜にて7月27日(金)~28日(土)の2日間にわたり開催され、NOKは、自動車の中で働く“小さな部品”の“大きな存在”を学べるプログラムを実施しました。

キッズエンジニア2018への協賛

NHK学生ロボコン2018への協賛

NOKは次世代を担う若いエンジニアたちを応援すべく、2015年から「NHK学生ロボコン」に協賛しています。NOKは学生たちの自由かつ大胆な発想と努力が見る者を熱くするこの大会に賛同し、協賛しております。2018年は6月10日(日)に大田区総合体育館にて行われました。

NHK学生ロボコン2018への協賛

ぱれっと

「ぱれっと」とは、知的障がいのある人たちへの、就労支援や生活支援などを行い、「障がいのある人たちが当たり前に暮らせる社会の実現に寄与すること」を目的とした認定NPO法人です。NOKでは、社屋の一部を開放し、定期的に「ぱれっと」による焼き菓子と雑貨の販売会を実施し、活動を賛助しております。

ぱれっと
ESGへの取り組み ESGへの取り組み
  • Environment

    環境報告

  • Social

    社会性情報

  • Governance

    ガバナンス