環境保全管理体制

 私たちNOK株式会社は、環境保全管理活動を円滑かつ確実に推進するために、以下のような体制で全社的に取り組んでいます。

組織の概要

1.中央組織

(1)名 称: 中央環境保全委員会(委員長:社長)
(2)目 的: 環境保全管理の重要性および対象業務の広さ等に鑑み、中央組織としてNOKの環境保全管理に関する全社的方向付け、およびその推進を図ることを目的とする。

2.事業場組織(委員長:事業場長)

(1)名 称: 事業場環境保全委員会
(2)目 的: 事業場の環境保全管理に関して、会社の方針・計画に基づく実施事項、および事業場独自の実施事項について具体化すると共に、その推進を図ることを目的とする。

3.環境保全専門部会(部会長:品質管理室長)

(1)名 称: 環境保全専門部会
(2)目 的: 中央環境保全委員会の下部組織として、主な環境影響項目の改善の方向付け、およびその推進を図ると共に、個別環境項目ごとの環境影響改善のために設置される小委員会を統轄することを目的とする。

4.環境保全関係小委員会(小委員長:担当統括部門部長)

(1)名 称: a.VOC削減小委員会
b.廃棄物管理小委員会
c.省エネルギー小委員会
(2)目 的: 環境保全専門部会の下部組織として、対応する環境項目の環境側面・環境影響の実態調査および環境影響改善のための情報収集・技術的検討等を行うと共に、関係本部、事業場の指導・援助を含む、対応する環境影響改善対策の具体化とその推進を図ることを目的とする。

管理組織図


管理組織図

ISO14001認証取得状況

2001年度から順次認証取得を進めてきました結果、湘南開発センター(藤沢事業 場)、福島事業場、二本松事業場、北茨城事業場、静岡事業場、東海膜開発セン ター(東海事業場)、鳥取事業場、熊本事業場のNOK全8事業場が一つの環境 マネジメントシステムで運用されるようになりました。

審査機関: 一般財団法人 日本自動車研究所 認証センター (JARI-RB)
登録番号: JAER 0335

PAGETOP