ブレイド補強PVDF膜

NOKのブレイド補強PVDF中空糸膜は、対称構造のPVDF膜を採用し耐傷性と高い透水性能を両立させています。 MBRシステムの小型・高性能・低コスト化が可能となり、他社製品と比べ目詰まりしにくく、洗浄回復率に優れた膜となっております。

加湿膜モジュール

現在NOKにて製造している燃料電池用加湿膜は、独自のドープ配合設計により、膜内表面にナノオーダーの細孔を持った中空糸膜です。この膜に水蒸気を含む空気(Wetガス)を接触させると、ケルビンの式で表される毛管凝縮理論に基づき、細孔の内部で水蒸気が凝縮します。液体となった水は速やかに膜細孔を通過し、膜内表面側で再び水蒸気となります。この水蒸気は、供給された空気(Dryガス)によって燃料電池スタックへと運ばれます。

テクニカルレポートはこちら(PDF)

SEMによる膜表面観察

膜断面×65 膜外表面×5000 膜内表面×5000

膜表面の毛管凝縮とケルビン式

加湿膜モジュールとその使用箇所



お問い合わせはこちらより

その他製品情報ページへ

PAGETOP