NOKグループ新製品・新技術紹介 New Products / New Technology

低摩擦表面処理Oリング【SP処理 Oリング】

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
SP処理Oリング

低摩擦表面処理Oリング

Oリング専用薄膜表面処理【SP処理】

Oリングでは長寿命化・耐熱性・低温性向上・耐油性向上などの様々なシール機能の要求が高まっています。 その一方で,組付け工程では,生産効率の向上に自動組付けが主流となり、加えて現場環境のクリーン化を目的とした組付け油塗布廃止(グリスレス)のニーズも高まっています。

Oリング専用薄膜表面処理  【 SP処理】 は,本来のOリング特性を維持しながら、油(挿入助剤)塗付無し状態で油(挿入助剤)塗付と同等の挿入組付けが可能です。 作業現場のグリスレスによるクリーン化を実現することができます。

Oリング専用薄膜表面処理【SP処理】概要

表面処理剤とゴム表面を化学的に反応させ極薄膜の非粘着層及び低摩擦表面を形成させます。

■特長

  • コーティングは無色透明で、数ミクロン(μm)と非常に薄いものです。
  • SP処理の有無でゴム材質の物性差異はありません。
  • SP処理は熱老化後、浸せき後でも低摩擦特性を維持します。

※ベースのOリング表面には梨地処理が必要です。

■効果

  • 油(挿入助剤)を使わずに,低荷重でOリングの組込みが可能です。
  • 異物が付着し難く,油(挿入助剤)も不要な事から,リーク検査精度の向上に貢献します。
  • Oリング粘着が防止でき,自動供給( パーツフィーダー等)での取扱いが容易です。
  • 油(挿入助剤)飛散による現場環境悪化の防止に貢献が可能です。
  • 静電気を帯びにくくなります 。

■SP処理効果:挿入抵抗比較

■SP処理効果:挿入抵抗比較

■SP処理採用効果

■SP処理採用効果

■デモ動画

■SP処理採用実績

    • 防水携帯端末
    • 電池フタ部
    • 充電口部
    • イヤフォンジャック
    • 半導体製造装置
    • 自動車業界
    • 燃料噴射装置
    • 燃料ポンプ
    • 配管継手
    • 車載カメラ
  • ■SP処理採用実績

■グローバル展開

  • 外展開用にGL-SP処理を保有
  • SP処理と同等の性能を持ち、世界中で対応可能
NOK株式会社 GOALS

NOK株式会社は「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します

CONTACT

資料請求・製品に関するご質問・ご相談は、 お問い合わせフォームよりお受けしております。