NOKグループ新製品・新技術紹介 New Products / New Technology

ハイダンピングラバー「HDR」

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
HDR

高減衰防振ゴム ハイダンピングラバー「HDR」

NOKの高減衰防振ゴムは、お客様への初採用から20年以上の実績を持ち、シール製品、工業用ゴム製品等で培われたゴム加工・接着技術などを背景に、優れた特性をもっています。

昨今、環境性能に優れた、HV、PHV、EV、など電動車の普及が世界的に且つ、急速に広がりを見せています。これら電動車には、これまで以上の静粛性を求められており、防振・防音へのニーズがますます増えております。

電動車に求められる、高次元の静粛性要求へ、減衰特性を大幅に向上させた、高減衰防振ゴム「HDR」で応えていきます。

ハイダンピングラバー 「HDR」について

製品のイメージは、【跳ねないゴム】です。

高い所から落としても、ほとんど跳ね返ってきません。
下図の様に落下の衝撃を吸収してほとんどバウンドしません。

ハイダンピングラバー 「HDR」について

実際に、ゴムボールを落としてみました。動画をご覧下さい。

左がハイダンピングラバー「HDR」 右が一般防振ゴムNRです。

  • HDR
  • NR

ハイダンピングラバー 「HDR」とは

  • 配合設計、サブミクロン・ナノ分析、加工技術等、高い基礎技術裏打ちされたNOK「HDR」材です。
  • 減衰特性を大幅に向上させ、防振材として、その他のゴム材料特性値をバランス良くなるよう開発しました。
ハイダンピングラバー 「HDR」とは
ハイダンピングラバー 「HDR」とは

■NOK「HDR」バランス特性(従来高減衰材との比較)

■NOK「HDR」バランス特性(従来高減衰材との比較)

ハイダンピングラバー 「HDR」によるお客様への貢献

ハイダンピングラバー 「HDR」によるお客様への貢献

データで見るハイダンピングラバー 「HDR」

  • ■振動吸収

    ・収斂性の良さにより振動を早期に収める

    一般防振ゴムNR(天然ゴム)との比較

    ※当社試験による実験値です。
    保証値ではございません。

  • 振動吸収
  • ■共振振幅低減

    ・共振時の振動振幅を大幅に低減可能

    一般防振ゴムNR(天然ゴム)との比較

    ※当社試験による実験値です。
    保証値ではございません。

  • 振動吸収

■ロスファクター(損失係数) 比較

■ロスファクター(損失係数) 比較

雰囲気温度全領域において、HDRの減衰特性が優れていることが分かります。

■強度(Ts)変化 比較 (環境温度100℃)

■強度(Ts)変化 比較 (環境温度100℃)

使用される環境温度が高くても長期間、強度(Ts)の変化が小さいことが分かります。

■伸び(Eb)変化 比較 (環境温度100℃)

■伸び(Eb)変化 比較 (環境温度100℃)

使用される環境温度が高くても長期間、伸び(Eb)の変化が小さいことが分かります。

振動低減効果測定結果事例
振動低減効果測定結果事例

ハイダンピングラバー 「HDR」の適用例 / 推奨例

  • ①衝撃による揺れを早く収めたい。
  • ②共振を低減したい。(大振動・破損・騒音等を低減させたい)
  • ③振動絶縁機能を付加したい。(振動を出来るだけ伝えない、振動を出来るだけ受けたくない)

これらを広い温度領域で実現し、耐久性が望まれる機器(ユニット)にハイダンピングラバー<HDR>をご提案いたします。

■マウントとしての適用例 / 推奨例

マウントとしての適用例 / 推奨例

■マウントとしての適用例 / 推奨例

マウントとしての適用例 / 推奨例

■その他の防振・防音製品

その他の防振・防音製品
NOK株式会社 GOALS

NOK株式会社は「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します

CONTACT

資料請求・製品に関するご質問・ご相談は、 お問い合わせフォームよりお受けしております。