NOKグループ新製品・新技術紹介 New Products / New Technology

省スペース焼付けガスケット

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
省スペース焼付けガスケット

省スペース焼付けガスケット:Space Saving Gasket

【車載ユニットのコンパクト化・軽量化ニーズへの対応】

日々進歩・進化する、自動車の低燃費化に伴い、車載ユニットには、コンパクト化・軽量化のニーズが高まっています。

このニーズに対応して、各ユニットの小型化、薄肉化、素材軽量化へ新技術の開発が進み、筐体素材では鉄・アルミから樹脂材、また板金プレス化への進化などがあります。
 シール部品に対してはコンパクト化による省スペースへの対応、また軽量化により、筐体素材変更に伴う寸法のバラツキ(公差拡大)やクリープへの追随性がこれまで以上に求められています。

車載ユニットの新技術に求められるシール部品、その一つの解決策として、新設計「省スペース焼付けガスケット」をご提案いたします。

【低燃費の実現へ 焼付ガスケットに期待される特性】

【低燃費の実現へ 焼付ガスケットに期待される特性】

【従来設計の課題】

従来設計は、上下対称断面のガスケットが一般的です。
この断面形状で締代公差の大きい条件に対して小断面設計を行った場合、締代MIN条件において圧力が加わると大きく姿勢が崩れてしまい、小断面設計を諦めざるを得ない問題がありました。

【低燃費の実現へ 焼付ガスケットに期待される特性】

従来設計の解析結果

「締代MIN時の解析:圧縮⇒加圧」

従来設計の解析結果

従来設計で小断面設計を行うと、締代MIN側で姿勢変形が起きてしまう。

製品の特徴・機能

【新設計「省スペース焼付けガスケット」のご提案】

【新設計「省スペース焼付けガスケット」のご提案】

従来設計の課題を解決するため、圧力下におけるガスケットの姿勢制御を可能とする断面形状を開発しました。

【省スペース焼付けガスケットの姿勢制御技術】

[円筒タイプ:省スペース重視]

【省スペース焼付けガスケットの姿勢制御技術】

[フランジタイプ:溝深さバラつき追随重視]

【省スペース焼付けガスケットの姿勢制御技術】

省スペース焼付けガスケット解析結果

「締代MIN時の解析:圧縮⇒加圧」

省スペース焼付けガスケット解析結果

両タイプとも、締代MIN時の姿勢変形は発生しておらず、高圧下で安定したシール性能を発揮することが可能です。

【タイプ別/装着溝寸法の目安】

省スペース焼付けガスケット解析結果

装着に必要な溝幅(目安)は、圧力1MPa、溝深さバラつき±0.6mmの場合、円筒タイプでMIN5mm、フランジタイプでMIN3.5mmの対応が可能です。

【タイプ別/装着溝寸法の目安】

【省スペース焼付けガスケット:車載ユニット使用例】

省スペース焼付けガスケットにゴム材料の制約はありません。
シール対象物、使用温度に最適なゴム材料を選定頂けます。
この特長を活かし幅広く、車載ユニットへの採用をご検討頂いております。

■エンジン系

  • サイズダウンに伴う、油・冷却水回路のコンパクト化
  • 機能集約・熱マネ対応に伴う、シール部の複雑化
  • 高出力化に伴う、高圧シール対応
  • シール部品の組付け工数削減、作業簡素化

■ミッション系

  • 組立てガタなど、締代バラつき対応
  • 高温時、低温時へのシール追随対応

■ゴム材料に選定の制約が無い特長を活かして・・・

  • 車載ユニット以外にも水やガスなど幅広いシール用途に対応可能
NOK株式会社 GOALS

NOK株式会社は「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します

CONTACT

資料請求・製品に関するご質問・ご相談は、 お問い合わせフォームよりお受けしております。