2017国際ロボット展に出展します。

NOK株式会社 日本メクトロン株式会社

NOK/日本メクトロン ブース : 東6ホール SR-62

国際ロボット展 2017ブースイメージ図 iREX2017 国際ロボット展

2017年11月29日(水)から12月2日(土)

東京ビッグサイト東1~6ホール

世界に、「できる」をもっと。

急速に進化するロボットテクノロジー。
2017国際ロボット展に出展するNOKグループは、
たえまない研究開発による先進の技術でロボットの進化に貢献し、
世界の、未来の可能性を拡げていきます。

  • 生体信号ゴム電極

    生体が発する微弱な電気信号を
    測定することのできるゴム電極です。
    脳波や筋電位計測などロボットに欠かせない
    BMI、HMIをはじめ、様々な活用が期待できます。

    複数の突起物がある生体信号ゴム電極の写真
  • 3D成形FPC

    機器内で形状を維持する「3D成形FPC」は、
    ロボットハンドや各種ウエアラブル機器などに
    適用が可能です。

    波上の形状をした3D成形FPCの写真
  • 曲げ感知FPC

    無給電で曲げを感知する「曲げ感知FPC」は、
    高密度化・複合化するロボット技術の
    可能性を拡げるFPCです。

    曲げ感知FPCを指で曲げている写真

来場特典

NOK/日本メクトロンブースにお越しいただき、
名刺を頂戴した方にオリジナルノベルティをさしあげます。

MEKTEC オリジナル ローラーケシポンminiの写真
MEKTEC オリジナル
ローラーケシポンmini
NOKオリジナル 炭エコクックの写真
NOKオリジナル
炭エコクック

PRESS RELEASE

超薄型の3原触グローブの開発に成功 !

NOK株式会社の連結子会社である日本メクトロン株式会社は、
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の支援を受けて、
触覚伝送モジュールの開発に関する研究を実施し、
超薄型の3原触グローブの開発に成功しました。
力・振動・温度の3つの物理刺激に反応することで、
リアルな感触の遠隔伝送やバーチャルリアリティ空間の再現を可能とします。

詳細はこちらのPDFで