人とくるまのテクノロジー展2018名古屋に出展いたします。

開催期間
2018年 711日(水)~13日(金)
EV車にも対応するNOKグループ製品

クルマの技術トレンドと車載ニーズを熟知したNOKグループは、EV関連ユニットにも的確に対応した製品づくりを行っています。「防振・防音」、「PCU(パワーコントロールユニット)&二次電池」、「モーター」の3つのゾーンに分かれたNOKの展示ブースでは、EVに求められている静粛性・腐食対策・低電費などに貢献できる製品および技術を紹介します。
また、日本メクトロンの展示ブースでは、独自の技術で「高密度化」、「複合化」、「新機能付加」した、自動車向けの新しいFPCをご紹介します。

人とくるまのテクノロジー展2018名古屋

人とくるまのテクノロジー展2018名古屋

ブースNo.066

nok
【 NOKブース 各ゾーン・展示製品と概要 】

防振・防音ゾーン

A 高減衰防振ゴム
[ハイダンピングラバー]
高減衰防振ゴム

高機能ゴム配合技術により、高減衰を実現。EV関連ユニットのマウントやストッパーなど幅広い適用事例で静粛性に貢献します。

PCU&二次電池ゾーン

A ラバーコーティッドメタルガスケット
[ソフトメタルガスケット]
ラバーコーティッドメタルガスケット

"アルミ筐体で問題となる塩水による腐食を軽減する形状設計や、遊離硫黄を極限まで抑制した素材配合等で、ユニットの高寿命化に貢献します。

B 高耐性・非汚染性電解液シール
[e-Mobility EPDM]
高耐性・非汚染性電解液シール

電解液に対して優れた耐性を持ち、液汚染性が少ないゴム材料で、二次電池の長寿命化に貢献します。

C 熱伝導性ゴム(参考出展)
熱伝導性ゴム

高い熱伝導性と電気絶縁性を両立し、且つ低硬度・低反力をゴムモールドで実現することで放熱の高効率化に貢献します。

モーターゾーン

A 高速回転対応 超低トルクシール
[GlideX™シリーズ]
高速回転対応超低トルクシール

しゅう動面に施したテクスチャー加工により、高速回転でも超低トルクと高密封性の両立を実現しました。回転機器の低電費化、高速回転化に貢献します。

B 低トルクシールリング
[TS-Ring、CT-Ring]
低トルクシールリング

テクスチャー加工による動圧作用や、外周面しゅう動により低トルク化を実現するという世界初の技術を採用し、低電費化に貢献します。

C 低摩擦シール
[Le-μ’s(レミューズ)]
低摩擦シール

シール性能を保持しながら低摩擦を実現するエコな製品群です。ブランド名は Low emission μ seal の略。EV用高速モーターへの適用も可能で、低摩擦技術により駆動力損失を低減し、低電費化に貢献します。

D イオン液体入り導電性グリース
イオン液体入り導電性グリース

イオン液体を配合することで電食を防止し、軸受回転時の静音性にも優れた導電性グリースです。軸受の長寿命化と低ノイズ化に貢献します。

ブースNo.064

nok
【 MEKTECブース 展示内容 】

3原触モジュール 触覚 NEW

3原触モジュール

振動提示部・温度提示部・電気刺激部の3つの触覚提示手段を小型化、一体化し、世界で初めて指先サイズに搭載した「3原触モジュール」です。

3原触モジュール 感知

3原触モジュール

無給電で曲げを感知する「曲げ感知FPC」は、高密度化・複合化する自動車技術の可能性を拡げるFPCです。

3原触モジュール 伸縮

3原触モジュール

柔軟性に加え伸縮性を備えたFPCです。薄く、立体的に伸び縮みするため、人体への貼り付けも可能となります。

高放熱片面FPC 放熱

高放熱片面FPC

金属補強板用接着剤に熱伝導を使用することで放熱性能を向上させます。

両面放熱FPC 放熱

両面放熱FPC

アルミレス構造を採用することで、放熱性能を向上させるだけでなく、軽量化、折り曲げ加工性を向上させます。

メタルベースFPC 放熱

メタルベースFPC

ヒートシンクに厚銅箔を使用することでアルミ基板と同等の放熱特性を有した立体形状を維持できる放熱FPCです。

長尺FPC 長尺

長尺FPC

長いFPCにすることで、誤配線レスによる組み込み性を向上させます。

自動車FPC 自動車向け

大幅リニューアル
自動車FPC

今後のEV化に対して、FPCでどのようなことができるかをテーマに、新しい提案型のデモ機を制作しました。

FPCらんど

FPCらんど

見て楽しいデモでFPCの使い方をご説明します。FPCのすばらしさを感じてください。