環境報告

企業が社会の一員であることを前提に、事業の活動・製品及びサービスが広く地球規模での環境影響に関わりを持つことを全社員が認識し、持続的な発展が可能な社会の実現に貢献すべく会社の環境基本方針を定め、次世代以降も視野に入れた環境保全管理に努めます。

  • 1従来の固有技術を踏まえ、環境保全に配慮した技術の向上・製品の開発を推進し、環境負荷の低減に努めます。
  • 2地球温暖化防止を図るため省エネルギーを推進し、循環型社会に対応して資源の再利用及び再生資源化及び廃棄物の削減を推進します。
  • 3NOK中央環境保全委員会で目標を設定し、取引先を含む関係各社とも協力して継続的な環境負荷低減の改善を図り、化学物質の管理、地球環境汚染の防止及び水環境インパクトの取り組み強化に努めます。
  • 4関連する法規制、地方自治体条例、地域協定等を順守し、環境保全活動を推進します。
  • 5業界や取引先の自主規制を順守し、ステークホルダーの環境への要求事項に対して積極的に取り組みます。
  • 6環境保全活動や社会貢献に関する情報を開示し、地域・社会とのコミュニケーションを図ります。
  • 7良き企業市民として全社員が生物多様性ならびに地球環境保全の重要性を認識し、地球環境への意識高揚を図るとともに環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。
  • 制定2001年9月17日
  • 改定12007年9月 1日
  • 改定22016年9月20日
  • 改定32018年4月 1日

NOK株式会社 代表取締役 社長
NOK中央環境保全委員会委員長

土居 清志

NOKでは、環境保全管理活動を円滑かつ確実に推進するために、以下のような体制で全社的に取り組んでいます。社長を委員長とする中央環境保全委員会で環境保全管理に関する全社的な方向付け、およびその推進を図っています。また小委員会が中心となり、省エネ、廃棄物管理、VOC削減を推進しています。2017年度からは環境経営推進小委員会を新設し、中長期の環境ビジョンを策定しました。

1.中央組織

(1)名 称: 中央環境保全委員会(委員長:社長)
(2)目 的: 環境保全管理の重要性および対象業務の広さ等に鑑み、中央組織としてNOKの環境保全管理に関する全社的方向付け、およびその推進を図ることを目的とする。

2.事業場組織(委員長:事業場長)

(1)名 称: 事業場環境保全委員会
(2)目 的: 事業場の環境保全管理に関して、会社の方針・計画に基づく実施事項、および事業場独自の実施事項について具体化すると共に、その推進を図ることを目的とする。

3.環境保全専門部会(部会長:品質・環境管理室長)

(1)名 称: 環境保全専門部会
(2)目 的: 中央環境保全委員会の下部組織として、主な環境影響項目の改善の方向付け、およびその推進を図ると共に、個別環境項目ごとの環境影響改善のために設置される小委員会を統轄することを目的とする。

4.環境保全関係小委員会(小委員長:担当統括部門部長)

(1)名 称:

a.環境経営推進小委員会
b.VOC削減小委員会
c.廃棄物管理小委員会
d.省エネルギー小委員会
(2)目 的: 環境保全専門部会の下部組織として、対応する環境項目の環境側面・環境影響の実態調査および環境影響改善のための情報収集・技術的検討等を行うと共に、関係本部、事業場の指導・援助を含む、対応する環境影響改善対策の具体化とその推進を図ることを目的とする。

NOK ではISO14001 に準拠した仕組みを構築し、環境マネジメントシステムを推進しています。環境負荷の大きさから各生産事業場を一括して認証取得しており、ものづくりを通じて環境負荷の低減に取り組んでいます。また、ISOの2015年版改定にも対応しています。
ISO14001 はコンプライアンスを重視しており、環境法令を確実に順守するため、NOK 事業場とグループ会社では、順守すべき法令と重点管理項目を特定し、定期的に順守状況の確認と評価を行っています。今後も、環境事故やコンプライアンス上のリスクの芽を早期に発見し、不具合の未然防止の徹底を行っていきます。
●審査機関: 一般財団法人 日本自動車研究所 認証センター
●登録番号:JAER 0335

従業員の環境保全に対する意識の高揚を図るために、シンボルマークを社内公募により募集し、最優秀作品をNOKの環境保全活動のシンボルとして使用しています。  “NOK”のNはNature、KはKeep、中心のOを地球に見立て「地球の自然を保護する」という意味が込められています。

日本メクトロン株式会社
メクテックグループは、省エネや廃棄物削減などの環境負荷低減活動、法令順守監査を推進してきました。工場内の老朽化した外灯(水銀灯)をソーラー式LEDに置き換え、環境負荷低減に配慮した高効率蒸気ボイラーへの更新を行い、CO2削減に貢献しました。また、法令順守監査を2拠点で実施し、適法に操業されていることを確認しました。国内拠点は、2017年4月からISO14001:2015への移行を完了しています。

シンジーテック株式会社
シンジーテックグループでは、国内外グループ会社において生産を行っています。シンジーテック単体としては、技術・品質管理面での支援活動を中心とした、不適合の低減、省エネの推進活動に取り組んでいます。横須賀事業場において、他の国内事業場からの生産移管計画により消費エネルギーおよび廃棄物の増加が予測されるため、今後もより一層、グループ一体での環境保全活動を推進していきます。

ユニマテック株式会社
ユニマテックでは、地球温暖化防止・循環型社会形成を目指し、継続的な改善活動を推進しています。2017年度は、フロンガス-R22使用機器の代替フロン使用機器への更新、省エネ性能に優れた生産設備の導入を実施しました。また、自社の排水処理施設から排出される有機汚泥の堆肥化によるリサイクル、近隣住民の生活環境に配慮した生産設備の稼働音低減への取り組みを行っています。この他にも、環境負荷の低い製品の開発・設計を行っています。

PAGETOP